不死不滅の超微小生命体

ソマチッドとは?

フランスの生物学者 ガストン・ネサン氏によって発見。

意思や知性を持った微小生命体─ ソマチッド

意思や知性を持った微小生命体─ ソマチッド

フランスの生物学者 ガストン・ネサン氏によって発見された意思や知性を持った微小生命体
ガストン・ネサン氏が開発した超光学顕微鏡によって人の血液を観察した際に、不思議な微小生命体が存在する事を確認したとし、それを「ソマチッド」と命名した。
観察を繰り返した結果、彼はソマチットを意思や知性を持った微小生命体であると断定した。

未だ、世界中で研究が進められていますが、日本でも多くの学者が検証実験を繰り返し、その存在は明らかにされつつあり、ソマチッドの持つ、不死不滅の生命力が、癌(ガン)や免疫力の治療に大きな力を発揮することが徐々に確認され始めています。

がん治療に効果を期待できるソマチッド

早期発見・治療にチカラを発揮 ─ ソマチッドと癌

  • ソマチッドは癌細胞ができると避難行動を取る。よって発症を予測できる。
  • ソマチッドは癌患者の血液中にはまったく存在しない。
  • ネサンの開発したソマチッドの原理による癌抑制剤には驚異的な効果がある。
  • ソマチッドはガン免疫菌である。
  • ソマチッドの原理によるガン抑制剤SICは驚異的効果がある。
  • ソマチッドの培養は50年以上前に成功した。

30億年以上も前から存在する古代生命体

生きるチカラの源 ─ 不死と原子変換

30億年以上も前から存在する古代生命体「ソマチッド」。 DNAの前駆物質ではないかと仮設され、生命力・基礎免疫力にかかわる、重要な原始生物といわれています。
  • ソマチッドは(通常環境では)不死の生命体である。
  • ソマチッドは地球上最古の原始生物である。
  • ソマチッドは2500万年前の化石内部に生息していた。
  • ソマチッドは細菌でもウイルスでもない別の生命体で、DNAの前駆物質である。
  • ソマチッドは原子変換(生物学的元素転換)を起こす。
  • ソマチッドは非常に高い知性を持ち、塩酸の中で殻を造れる。

ソマチッドの原理でないと、尿療法を説明できない。

ソマチッドの原理 ─ 尿療法の原理

  • ソマチッドを白血球は抗原と認識しない。すなわちソマチッドは白血球以前の基礎免疫である。
  • ソマチッドが元気になれば、免疫力はあがる。
  • ソマチッドは人体内の環境が悪くなると尿に混ざって体外に逃げ出す。もしくは血小板や赤血球内に逃げ込んで殻を作る。
  • ソマチッドの原理によれば、元気になるには水素濃度の高いマイナスイオン水を飲むとよい。
  • ソマチッドの原理は尿療法を説明できる。すなわち、逃げ出したソマチッドにもう一度体内で働いてもらうという意味である。
  • ソマチッドは人間の生き方を変えることができる。